税金対策、節税対策;法律

税金対策、節税対策をどうしようかと悩んでいるアナタ!!税金を払うことは国民の義務です。納税を免除されている一部の産油国を除けば世界中で税金を払わなくてよい、なんて国はありません。税金を払う、これは世界で常識の法律、国民の義務です。基本的に納税が免除されている国がないということを頭に入れた上で税金対策、節税対策というものを考えましょう。税金対策、節税対策とは、突き詰めて言えば、必要以上の税金は払わない、払いたくないという考え方です。これはFXの税金対策、パートで所得を得た、法人税での税金対策、、、、関係ありません。必要な税金はきちんと払う、しかし必要以上には払わない、これが税金対策、節税対策の基本的な考え方です。税金を払うことによって国家、政府、地域が成り立っているわけですから税金を払わずに済ませるなんてことはあってはならないことです。税金対策、節税対策なんて難しく言うけれど、結局、所得から経費を差し引いた分の税金を払う、控除できるものは、きちんと控除する。突き詰めて言えば、たったこれだけのことです。また、税金対策、節税対策に頭を悩ませる暇があれば、払うべきものは、きちんと払い、一円でも多く稼ぐことの方が効率が良いという考え方もあります。稼ぐに追いつく貧乏なしならぬ、稼ぐに追いつく税金対策、節税対策なし、といったところでしょうか。そういうわけで、税金対策、節税対策に頭を悩ませるのも良いですが、本業で一円でも多く稼ぐことを考えてみるのも良いのでは?最終的には、そちらのほうがプラスになるかも??

節税対策、税金対策:NPO法人への寄付

 節税対策、税金対策として、欧米では美術館や教会などに対する寄付は一般的ですが、日本では税金対策、節税対策としての寄付は、それほど馴染みのあるものではありません。しかし、税金対策、節税対策としても社会的な意義としても、訳のわからない予算に税金を使われるくらいなら、自分で納得した、ちゃんとした団体に寄付するということも社会貢献という意味で大変有意義なのではないでしょうか。しかも、それが税金対策、節税対策にもなるのです。節税対策、税金対策のひとつに、寄付という方法があるということも知っておいて決して損はないでしょう。
税金対策、節税対策の意味合いだけでなく、アメリカでは社会的に成功した人物は、間違いなく莫大な寄付を社会に還元しています。逆を言えば、それだけ吐き出したから、また、入ってきたのかも知れません。古くはカーネギー、最近ではビル・ゲイツがそうでしょうか。節税、税金対策的な意味もあるかも知れませんが、ビルゲイツが多額の財産を投げ打って財団を作ったのは有名な話です。ロックフェラー財団が美術や学術に多大な寄付をしているのも有名です。しかし、口の悪い人間に言わせるとそれも、税金対策、節税対策ということですが、、、しかし、日本人でも村上隆氏のようにロックフェラー財団の資金提供を受けて世界的に成功下人物がいることも確かです。
 日本の税金関係の法律では、寄付した額マイナス一万円を、そのまま所得から差し引くことが出来ます。(個人の場合、法人は別)寄付による節税対策、税金対策を考える場合、最低、一万円以上寄付しないと節税効果というのは得られません。 対象となる寄付金にも制限があり、商工会や町会などへの寄付は対象外なので節税対策、税金対策にはなりません。 節税対策、税金対策になるのは公益性の高い団体のみです。具体的に言うと国税庁の認定NPOなどがそうでしょう。節税対策、税金対策の一環として寄付を行う場合、控除を受けるためには確定申告が必要です。必ず寄付した団体から領収書等、証明するための書類の提示が必要です。

参考記事
税金対策、節税対策 NPO法人への寄付

税金対策、節税対策 目次

税金対策

税金対策、節税対策の裏技

税金対策:確定申告:白色申告

節税対策

税金対策、節税対策;法律

節税対策、税金対策:NPO法人への寄付

パート税金対策

税金対策:サラリーマン

パート税金対策

FX税金対策

FX税金対策

税金対策:自動車

税金対策、節税対策 事業用車両

自動車保険

税金対策、節税対策 芸能人

税金対策:不動産

税金対策、節税対策 不動産 タックスシェルター

不動産 事業税

税金対策、節税対策 不動産

税金対策、節税対策 海外

税金対策、節税対策 外国

税金対策、節税対策 抜け穴

金地金 卸値購入

当サイトについて